てつでん博物館
◀前へ  博物館TOPへ  次へ▶
機械式出発信号機
1.jpg
在りし日の信号機

2.jpg
駅扱い所

3.jpg
駅長室通票閉塞器
鉄道信号といえば、最もポピュラーだった機械信号機。中でも何かにつけて登場するのが「出発進行」の「出発信号機」。当社の看板代わりに表玄関脇に建植しました。昨年まで現役で数十年間活躍していた出発信号機が会社の玄関脇に再登場しました。錆々の信号機柱でしたが錆落とし、錆止め塗装、白黒の上塗り塗装を施し、コンクリート基礎を打ち、社員のボランテイア作業によって建植しました。昼間は赤い腕木の上下、夜間は青と赤のランプで列車に進め、止まれを指示していました。これを動かすのは白い手袋をはめて、赤帯に金筋の入った帽子を被った駅長さんです。駅長気分になって出発信号機を動かして「出発進行!」と指差確認してみてください。 4.jpg
機械信号機建植

5.jpg
てつでんの出発信号機

6.jpg
安全旗と信号機
株式会社てつでん